水無月の雨と花

d0389007_16404224.jpg
d0389007_16403885.jpg
d0389007_16403528.jpg
d0389007_16403199.jpg
d0389007_16402700.jpg


きょう、ついに近畿地方も梅雨入り。

雨といえばツユクサがつきものですが、山田池公園では、ツユクサはどちらかといえば晩夏から初秋の花。
そのかわりに、トキワツユクサ(常盤露草 Tradescantia fluminensis/ windering jew)が咲いています。
ところがことしは、繁殖力のおおせいなこの雑草が、公園での勢力争いに負けつつあるのです。

勝っているのは、
ドクダミ(Houttuynia cordata/ fish mint, chameleon plant, heart-leaved houttuynia)で、
水無月の公園は、まさにドクダミの季節。


雨が止み、晴れ間がのぞいたかに見えたお昼すぎ、やったあ、とばかりに公園へ歩きにいきました。
最近は、少々の雨なら傘をさして歩く人の姿はちっとも珍しくありません。

天気雨のような小粒の雨が降ってはいたものの、花しょうぶ園も予想以上の人出…。
そういえば、おなじアヤメ科でもあの小さなニワゼキショウ(庭石菖菖 Sisyrinchium rosulatum/ blue-eyed grass)の、
「アルビーノ」(白色)をことし初めて発見。
いずれにしても、花の色がバラエティに富むニワゼキショウは、そろそろ姿を消すころです。

雨の公園はいつもより人が少なく静かなので、大雨でないかぎりわたしは好んででかけます。
この先しばらくは、傘をさしながらの散歩がつづくのでしょう。



[PR]
トラックバックURL : https://lifeatparkside.exblog.jp/tb/26875829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by life_at_parkside | 2018-06-06 16:56 | meadows | Trackback | Comments(0)

山田池公園・花鳥風月ダイアリー


by life_at_parkside
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30