夏至

d0389007_22501024.jpg
d0389007_22500401.jpg
d0389007_22495850.jpg
d0389007_22495121.jpg


きょうは夏至。1年が、半分すぎました。
お昼の長さがピークに達した地球は、今度は冬に向かっていくわけですね。
とはいえ、梅雨はまだまだ終わっていませんし、真夏はこれから!

余震があるたびに緊張しながら、1日家にこもっていた雨降りのきのう…
けさの公園には、雨があがるのを待ちかねていたかのように、ふだんより多い人の姿がありました。

公園を歩いていて、どこからともなく甘い臭いがすれば、それはクチナシ(梔子)です。
早くから咲いていたコクチナシのほうは、一重も八重も、ほとんど見ごろは終わり。
いまはガーデニア(Gardenia jasminoides / cape jasmine)の名で知られるオオクチナシが、
ほんとうにたくさん、公園のあちらこちらで咲いています。
この花を見ると、想いだされるのがブエノスアイレスの初夏。
あちらでは「ジャスミン」と呼ばれていましたが、東アジアが原産のようです。

夕方、茜色に染まった西の空を見て、ほっとした気分になりました。
あすは晴れるようです。

地震、もう大丈夫でしょうか?




[PR]
トラックバックURL : https://lifeatparkside.exblog.jp/tb/26929441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by life_at_parkside | 2018-06-21 23:39 | gardens | Trackback | Comments(0)