アガパンサスの夏

d0389007_23183470.jpg
d0389007_23183194.jpg
d0389007_23182867.jpg


アガパンサスの花が咲くとき。ああ、夏がきた、と思うとき。
山田池公園の南側、クィーンズランドガーデンでは、アガパンサスが見ごろです。


北側の四季彩花壇でも、アガパンサスが咲いています。


d0389007_23182577.jpg

d0389007_23182206.jpg


こちらには白いアガパンサスも植えられていますが、咲くのはもう少し先。

そしてもうひとつ、夏を知らせる花、
英語圏ではバタフライブッシュ として知られる
ブッデレヤ(buddeleja Americana / butterfly bush)も咲きはじめました。

梅雨はひと休み中ですが、この蒸し暑さ…
ニッポンの夏は、やっぱりもうやってきています。





[PR]
トラックバックURL : https://lifeatparkside.exblog.jp/tb/26945416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by papricagigi at 2018-06-27 00:54
おはようございます! やっぱりやっぱり山田池公園だったのですね~! わぁ~、懐かしすぎます!
子供の頃、家族で小さなバーベキューセットをもってピクニックに行ったのを思い出しました。両親が今住んでいるところに引っ越す前は、もう少し近かったんですよ。当時と比べると、今はずっときれいに整備されて草花もとても充実しているように見えます。こちらで地元の季節の移り変わりを見せてもらえるのを楽しみにしています♪
Commented by life_at_parkside at 2018-06-30 16:22
paprica さま

コメント、ありがとうございます!
そうなんです、ご実家の、わりとお近くなので、もしかしてご存知かな、と、思っておりました。

うちの両親が山田池公園のそばに引っ越してきたのは、もう30年ほどまえなんですが、わたしはお休みに実家に帰るときにちょっと歩いてたくらいで、公園とは、ロンドンから帰国して本格的に住み始めてからの関係(笑)、懐かしいという感じはなく、すべてが新鮮でした。

でも、10年前と比べると、広さも倍になったし、おっしゃるとおりずいぶん整備されて、はるかに楽しめる公園になりました! わたしはどこに住んでも、そばに広い公園さえがあれば、即「住めば都」にできる自信があるので、いまではここも「都」です。子どもたちは東京と横浜に住んでいて遠いし、両親も兄も他界してしまいましたけど、たとえひとりでも、この公園があるから、ここに住んでるのかな…。ま、父は転勤族だったし、子どものころからあまりにも転々としてきたので、年をとると落ち着こうという気持ちが強いのかも?

山田池公園は、そりゃ、(ロンドンのハムステッドヒースにはかなわないけそ)草木に花に野鳥に蝶にトンボに(イタチにヌートリアに猫猫猫!)、自然が豊かです。

by life_at_parkside | 2018-06-26 23:41 | gardens | Trackback | Comments(2)

山田池公園・花鳥風月ダイアリー


by life_at_parkside
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31