半夏生草

d0389007_22045494.jpg
d0389007_22063244.jpg
d0389007_22044679.jpg
d0389007_22044292.jpg
d0389007_22043739.jpg


きのうは、七十二候の半夏生(はんげしょうず)。
「半夏生」を知ったのは、この歳時記が先だったのか、
それとも、公園の水生花園で群生している半夏生草のほうが先だったのか、
いまでは思いだせません。

じっと目を凝らして見ると、とっても美しいこのドクダミ科の花(Saururus chinesis)は、
蜥蜴のしっぽに似ていることから、Asian lizard's tail という英語の名前がつけられています。

はじめて気づいたのは、もうずいぶんまえのこと…。
南側の「実りの里」にも植えられていますが、
昔から育っている北側は数で圧倒、みごとです。

ただし、美しいのは、葉の白く変化した部分がすっかり広がってしまうまえ。
半夏生のきのう、そばをとおりかかると、みずみずしさがすでに薄れているようでした。




台風 Prapiruun(プラピルーン)の影響で、あすは1日雨が降るようです。










[PR]
トラックバックURL : https://lifeatparkside.exblog.jp/tb/26962913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by life_at_parkside | 2018-07-03 22:07 | aquatic gardens | Trackback | Comments(0)