盛夏の候

d0389007_16240520.jpg
d0389007_16235706.jpg
d0389007_16235106.jpg


太平洋高気圧とチベット高気圧におおわれ、危険なほどの暑さ。
いきなりやってきた「過酷な夏」に耐えています。

それでもこの連休、公園では走る人の姿が朝から大勢みられました。
池を周る道の大部分で、葉の生い茂った大樹が陰をつくっているため、体力の消耗がちがいます。
しかも、木陰を歩いているときに涼しい風が吹いてきたなら、それこそ気分は天国。

木も花も人も暑さに耐えるいっぽう、咲く花はだんだん少なくなるはずです。
お盆のころには花壇も草地も夏枯れで、公園はいささか淋しい景色に…。
そんな興ざめな夏をすごさなくてはならないなかで、暑さに強い花は貴重。


北側の四季彩花壇では、
セイヨウニンジンボク(西洋人参木 Vitex agnus-castus/ chaste tree)が目をひきます。
いつここに植えられたのか記憶にありませんが、淡い紫が目に涼しい、シソ科の花木。





涼しげな淡い紫、といえば、南側のクイーンズランドガーデンにも仲間がいます。
最近、株が増えつつあるロシアンセージ。
そして、ミントによく似た花の、
(たぶん?)カワミドリ(河碧 Agastache rugosa/ Korean mint, blue licorice )。


d0389007_16234542.jpg


そのおとなりの、黄系統の花を集めた場所に目を向けると、
なんて気の早い! オミナエシ(女郎花)も咲きはじめました。
エキナセアのそばでは、色とりどりのダリアも…。


d0389007_16232888.jpg
d0389007_16232069.jpg



豪雨や大雨は望みませんが、花たちのためにも、ひと雨、ほしいところです。











[PR]
トラックバックURL : https://lifeatparkside.exblog.jp/tb/26988199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by life_at_parkside | 2018-07-16 17:56 | gardens | Trackback | Comments(0)